強い書類

離婚公正証書という書類は、大変重要な書類です。協議書のように有名な書類ではありませんが、協議書よりも役に立つ書類です。
多くの場合、離婚する時には財産分与や養育費などの金銭問題が発生します。
そして提示された金額は、離婚した後に月々の振込みで払っていくことがほとんどです。

提示金額の支払いが何のトラブルもなく満了するのは、全体の2割程度しかいません。
残りの8割は途中で支払いがストップしてしまうのです。もちろん中には、きちんと相手に連絡を取り、止まる・遅れるということを了承してもらう人もいますが、大多数の人は連絡もせずに急に支払わなくなります。

相手に請求しようにも、協議書だけでは裁判を起こさなくてはなりません。そこで重要な役割を果たすのが、離婚公正証書です。
公正証書は絶対的な力があるので、裁判を行わなくとも相手に請求することができます。しかも、財産差し押さえも可能なので相手が働いているのであれば、ほぼ確実に回収することができます。

公正証書の作成には作成費用がかかりますが、トラブルを起こしたときの裁判費用や手間を考えれば、決して高い金額ではありません。自分達で書類を作成するのであれば、役所の手数料のみで作れます。約束する金額によって手数料の値段が異なります。
法律は難しいイメージが強いので、業者に頼む人も多いです。






おすすめ記事

今後のことも考える

離婚とは相当話し合いを重ねてそれでも出た結論なんですよね、それは当人同士の問題なので他人や家族がどうこう言うことでは無いでしょうが、離婚公正証書だけは作成しおくべきです。

その後のこと

離婚をするというのは大きな事件ですが、しかしトラブルはむしろそのあとにやってくることが多いのです。被害を抑えるため、離婚公正証書をきっちり作りましょう。

What's New

2013/02/05
新着情報2を更新。
2012/11/08
新着情報を更新。
2012/01/24
苗字を更新。
2012/01/24
親権を更新。
2012/01/24
作り方を更新。
2012/01/24
別れ方を更新。
2012/01/24
離婚公正証書を忘れない。を更新。
2012/01/24
ホームページリニューアル